このエントリーをはてなブックマークに追加

取引前の準備(口座開設・証拠金の預け入れ)

まず、取引を始める前に取引をするための口座開設と、取引の原資となる「証拠金」の預け入れを行う必要があります。基本的にすでに、ネット証券等の証券会社(日経225先物取引可能なところ)に口座を持っていれば読み飛ばしてもらっても結構です。ただ、手数料や取引条件などは、日経平均先物取引に特化しているとこのほうが有利なことも多いので、ご注意ください。

リスクを理解する

日経225先物取引は「レバレッジ」によって預ける資金の数倍~10倍以上の取引をすることができる取引です。そのため、レバレッジって何?という段階の投資家が取引すると思わぬ損失を被るリスクもあります。
最低でも、株式への投資経験があること。「日経225先物取引のリスク・デメリット」のコンテンツを読んで意味が理解できないのであれば、投資を始めること自体を見合わせることをお勧めします。

 

日経先物取引と「証券会社」の選び方

日経225先物取引を行う上では、取引をする「証券会社」に口座を持つ必要があります。具体的な口座の作り方については「証券会社の口座開設に必要な書類・手続き」などのサイトが詳しいので参考にしていただきたいところです。

具体的に、「どこの証券会社」にするのがいいのか?というのが問題となりますが、日経225先物取引をするうえでは「おすすめ証券会社の比較」のコンテンツで日経平均先物取引を行う上でおすすめな証券会社を「証拠金」「手数料」「取引サービス」などの観点から比較しているので、そちらも参考にしていただくとよいでしょう。

 

口座開設後に必要な証拠金を入金する

証券会社に口座を開設したら、取引に必要な証拠金を証券会社に入金します。必要となる証拠金の金額については取引した規模や証券会社によって異なります。

証拠金については「日経225先物取引に必要な証拠金額」のところで詳しく説明するので、そちらを参考にしてください。

日経225先物取引にお勧めの証券会社

1位:ライブスター証券

ライブスター証券は現在取引手数料が無料になるキャンペーンを実施しています。先物講座開設で、日経225先物、mini、オプション取引手数料が約2カ月(40営業日)無料。
キャンペーン終了後の手数料も安く、ラージは270円/枚、miniは37.8円/枚(片道・税込)また、PC、スマートフォン対応の取引ツールも無料で使えます。
>>ライブスター証券詳細情報

Category & Menu

日経225先物取引ガイドでは、日経平均株価に投資ができる日経225先物取引や、よりお手軽な日経225先物miniなどについての初心者向けガイドサイトです。