日経225先物取引ガイド>先物取引の基礎

このエントリーをはてなブックマークに追加

先物取引の基礎

まずは、先物取引という金融取引はどんな取引でどのような特徴があるのかを知りましょう。このカテゴリーでは、先物取引の仕組みや種類、取引の方法などについて分かりやすく解説していきます。

先物取引の基本を知ろう

先物取引というのは、名前の通り「先(未来)」の価格を取引するというものです。先(未来)というのは少し先の未来のことで、たとえば1ヶ月後の○○という価格変動がある商品を今取引するといったものです。
こうかくとかなり難しく感じるかもしれませんが、先物取引の内容自体はシンプルです。まずは、先物取引とは何かを知りましょう。
>>先物取引とは?

 

先物取引はどうやって利用されるの?

具体的に先物取引という金融取引はどのような場面で利用されるのでしょうか?大きく先物取引は「ヘッジ目的(リスクヘッジ目的)」と「投機・投資目的」という二つの目的で行われることが多いです。ここでは、それぞれの具体的な利用方法を挙げながら「先物取引」が実際の経済でどのように使われているのかを解説します。
リスクヘッジを目的とした先物取引
投資・投機を目的とした先物取引

 

先物取引と注文・決済の方法

先物取引の仕組みは解説しましたが、具体的にどのようにして先物取引が行われているのか?ということについて解説します。まずは、基本である注文の方法と買った(売った)先物の決済の方法について分かりやすく解説していきます。

 

先物取引で発生する損益(利益と損失)

先物取引における実際の取引は通常精算(反対売買による決済・期限における精算による決済)による決済が行われます。その際、具体的な損益の計算はどのようにして行うのでしょうか?ここでは先物取引における反対売買、精算時の損益計算方法を解説します。

 

先物取引の種類と特徴

先物取引というとどんな商品が取り引きされているのでしょうか?先物取引市場では実に様々な商品が取り引きされています。ここでは、実際にどのような商品が先物市場において取引されているのか?また、それぞれの特徴をわかりやすく解説していきます。

 

先物取引の基本用語

先物取引の基本用語では、先物取引でよく利用されているキーワード・スラングを解説します。金融取引では専門用語やスラングが使われることも多く、意味を理解しておかないと会話についていけないことも多くあります。ここで基本の用語を理解しておきましょう。

 

日経225先物取引にお勧めの証券会社

1位:ライブスター証券

ライブスター証券は現在取引手数料が無料になるキャンペーンを実施しています。先物講座開設で、日経225先物、mini、オプション取引手数料が約2カ月(40営業日)無料。
キャンペーン終了後の手数料も安く、ラージは270円/枚、miniは37.8円/枚(片道・税込)また、PC、スマートフォン対応の取引ツールも無料で使えます。
>>ライブスター証券詳細情報

Category & Menu

日経225先物取引ガイドでは、日経平均株価に投資ができる日経225先物取引や、よりお手軽な日経225先物miniなどについての初心者向けガイドサイトです。