このエントリーをはてなブックマークに追加

取引可能時間が長い

株式の現物取引・信用取引は「前場」「後場」の9時~15時までの取引しか原則できませんが、日経225先物取引の場合、ナイトセッションと呼ばれる夕方以降の取引できる時間帯があります。取引参加者も多く、現物株取引よりも取引チャンスが増大します。

日経225先物取引の取引可能時間について

日経225先物取引は、普通の株式投資の取引時間(午前9時~午後3時まで)よりもかなり長い時間取引ができます。

下記は大阪証券取引所における日経225先物取引(ラージ)と日経225miniの取引時間。

9時00分~15時10分:日中立会
16時30分~翌日の午前3時:ナイトセッション(旧:イブニングセッション

日中立会は、普通の現物株と同様の時間となっていますが、ナイトセッションの時間も取引ができるので、日中の時間は仕事などで売買ができないという人も、ナイトセッションを利用して先物取引投資ができます。

ちなみに、午前3時だと、米国株の引け前に先に大引けを迎えてしまう関係で、翌朝の日経平均株価や日経先物を占ううえでは「CME225」の終値を見ることが多いです。

日経225先物取引にお勧めの証券会社

1位:ライブスター証券

ライブスター証券は現在取引手数料が無料になるキャンペーンを実施しています。先物講座開設で、日経225先物、mini、オプション取引手数料が約2カ月(40営業日)無料。
キャンペーン終了後の手数料も安く、ラージは270円/枚、miniは37.8円/枚(片道・税込)また、PC、スマートフォン対応の取引ツールも無料で使えます。
>>ライブスター証券詳細情報

Category & Menu

日経225先物取引ガイドでは、日経平均株価に投資ができる日経225先物取引や、よりお手軽な日経225先物miniなどについての初心者向けガイドサイトです。