日経225先物取引ガイド日経平均オプション取引講座>そもそもオプション取引って何?

このエントリーをはてなブックマークに追加

そもそもオプション取引って何?

オプション取引というのは、ある商品(原資産)を売買する権利を売買するというものです。今回のケースでは日経平均株価ですが、これを一定の価格で買う権利や売る権利を買ったり売ったりする取引です。まずは、オプション取引ってどういう取引なのかを簡単に理解しましょう。

オプション取引とは?

オプション取引とは、通貨や株式、株価指数などについて「一定の期間内または一定の期日」において「あらかじめ定めた価格」にて、「買う権利または売る権利」を「売買」する取引のこと。

はい、太字にしたところが大切なことです。

たとえば、日経平均のオプション取引の場合、一定の期日に日経平均を9000円で1000単位購入するする権利を買うといういった取引です。購入する権利を買う場合、その代金としてオプション料(プレミアム)を支払います。このように買う権利のことを「コールオプション」といいます。

また、購入する権利だけでなく、日経平均を9000円で1000単位売却する権利を買うといった取引もできます。このように売る権利のことを「プットオプション」といいます。

コールオプションを買った場合、日経平均株価が9000円以上の場合は権利を行使することによりその差額を得ることができます。逆にプットオプションの場合日経平均株価が9000円未満の場合は権利を行使することでその差額を得ることができます。
逆に、思った方向と逆に動いた場合は、「権利を放棄」することができます。

 

権利放棄すればいいなら絶対に儲かるってこと?

オプション取引の場合、利益が出る場合は権利を行使して、逆に損失が出る場合は権利を放棄することができます。じゃあ、オプションは絶対に利益が出る取引なのでしょうか?

いいえ、オプション取引においてコールオプションやプットオプションを「買う」場合、買うための代金を支払う必要があります。これが「オプション料(プレミアム)」と呼ばれる料金です。

オプションの買い手はこのオプション料(プレミアム)をオプションの売り手に対して支払います。

たとえば、日経平均株価を9000円で購入できる権利(コールオプション)を買うには60円のオプション料(プレミアム)がかかるとします。仮に、これを1000単位分購入するには60円×1000単位=6万円のオプション料の支払いが必要になります。

このオプション料がオプションの買い手における最大のリスクとなります。しかしながら、逆をいえば、オプション料の金額というものがオプション取引の買い手におけるリスクの最大額であり、これ以上の損失が発生することはないというはオプション取引のメリットといえます。

 

オプションの売り手はリスク無制限

一方で、オプション取引においてこれまでオプションの「買い手」をベースに話をしてきましたが、投資家はオプションの売り手になることもできます。

オプションの売り手は、さきほどまで説明してきたオプションの買い手と逆に、オプション料を受け取ることができる代わりに、オプションの買い手によって権利が行使された場合はそれに応じなければならない義務が生じます。

日経225先物取引にお勧めの証券会社

1位:ライブスター証券

ライブスター証券は現在取引手数料が無料になるキャンペーンを実施しています。先物講座開設で、日経225先物、mini、オプション取引手数料が約2カ月(40営業日)無料。
キャンペーン終了後の手数料も安く、ラージは270円/枚、miniは37.8円/枚(片道・税込)また、PC、スマートフォン対応の取引ツールも無料で使えます。
>>ライブスター証券詳細情報

Category & Menu

日経225先物取引ガイドでは、日経平均株価に投資ができる日経225先物取引や、よりお手軽な日経225先物miniなどについての初心者向けガイドサイトです。