このエントリーをはてなブックマークに追加

日経225先物取引は差金決済が可能

短期トレーダーの方には一番うれしいメリットがこの「差金決済が可能」という点かと思います。日経225先物取引は現物の受け渡しを行わないので差金決済が可能です。つまり、取引回数(金額)に制限がないので、1日に何回でも取引をすることができるのです。現物株、信用取引の場合は差金決済は禁止されています。

そもそも「差金決済」って何?

「差金決済」というのは、差金(売値と買値の差額)をやりとりするというものです。有価証券本体をやりとりするのではなく、差額だけで決済するというものですね。

差金による決済というのは、たとえば100万円で買ってそれを102万円で売ったという場合に、実際に100万円を相手に渡してその後102万円をもらうという取引ではなく、100万円で買ってそれを102万円で売るので差額の2万円だけを受け取るという取引です。

これが「差金決済」となります。ちなみに、現物の株式投資の場合は差金決済が認められておらず受け渡し(実際にお金と株をやりとりすること)が必要になるのでこうした取引はできません(信用取引を含む)

じゃあ、差金決済ができるとどうなるの?ということなのですが、仮に差金決済ができない場合、資金は1往復しかできません。たとえば100万円で買って、それを100万円で売った場合、その100万円は「当日取引できない」という状態になるわけです。

そのため、100万円取引できる状態でも100万円の売買を1回やったら当日はそれ以上の取引ができなくなってしまうのです。一方差金決済が可能な日経225先物取引の場合は、何回も取引できます。これはデイトレードで日経225先物取引をしたいという方にはかなり大きなメリットといえます。

たとえば、日経225先物(ラージ)の場合1枚の取引でも10円の値動きで1万円の動きとなります。このため、小さく細かく売買して利益を出すという取引も可能になるわけです。(ラージの呼び値は10円単位)

ちなみに、現物株取引における「差金決済」については「差金決済の禁止」で解説されているのでよく確認してみてください。

日経225先物取引にお勧めの証券会社

1位:ライブスター証券

ライブスター証券は現在取引手数料が無料になるキャンペーンを実施しています。先物講座開設で、日経225先物、mini、オプション取引手数料が約2カ月(40営業日)無料。
キャンペーン終了後の手数料も安く、ラージは270円/枚、miniは37.8円/枚(片道・税込)また、PC、スマートフォン対応の取引ツールも無料で使えます。
>>ライブスター証券詳細情報

Category & Menu

日経225先物取引ガイドでは、日経平均株価に投資ができる日経225先物取引や、よりお手軽な日経225先物miniなどについての初心者向けガイドサイトです。