このエントリーをはてなブックマークに追加

日経225先物取引とは

日経225先物取引とは、株価指数である日経平均株価(NIKKEI225)を原資産とする先物取引です。日経225mini(ミニ)の登場により日経225先物ラージ、単に「ラージ」とも呼ばれることもあります。取引単位は1枚単位。1枚は日経平均株価の1000倍となります。
普通に日経先物という場合はこの「日経225先物取引」を指すのが一般的です。

日経225先物取引の特徴

日経225先物取引は日本の株価指数先物取引の中でも最もメジャーな取引の一つです。取引単位は1枚単位。1枚は日経平均の1000倍になりますので、仮に日経平均株価が9000円なら、9000×1000=900万円が最低取引単位となります。

日経225先物取引は証拠金取引なので、実際に用意する資金はその1/10程度の90万円くらいとなるわけですが、実際の損益の計算となるのは900万円となり結構な金額となります。

そこで最近登場したのが「取引単位を日経225先物取引の1/10に抑えた「日経225mini」です。基本的な特徴はそのままに1枚が日経平均株価の100倍ですので、株価9000円なら、1単位90万円となります(証拠金は9万円ほどでもOK)。

取引単位 1枚単位 (1枚は日経平均株価の1000倍)
呼び値 10円単位
限月 3月、6月、9月、12月 (SQは第2金曜日)
取引可能時間

日中取引
9:00~15:15が取引時間となります。現物株のような「前場」「後場」の間の休みはありません。 なお取引は15:10に一旦クローズして、15:15に板寄せ後終了となります

ナイトセッション
16:30~翌3:00までが取引時間となります。2011年7月までは「イブニングセッション(夕場)」と呼ばれていましたが、取引時間が延長されたことに伴い「ナイトセッション」に名称が変更されました。

※ナイトセッションは翌日取引扱いとなります。
そのため、SQ日前日は「15:15」の段階で取引終了となり、以後は取引できなくなりますので注意してください。

 

日経225先物取引にお勧めの証券会社

1位:ライブスター証券

ライブスター証券は現在取引手数料が無料になるキャンペーンを実施しています。先物講座開設で、日経225先物、mini、オプション取引手数料が約2カ月(40営業日)無料。
キャンペーン終了後の手数料も安く、ラージは270円/枚、miniは37.8円/枚(片道・税込)また、PC、スマートフォン対応の取引ツールも無料で使えます。
>>ライブスター証券詳細情報

Category & Menu

日経225先物取引ガイドでは、日経平均株価に投資ができる日経225先物取引や、よりお手軽な日経225先物miniなどについての初心者向けガイドサイトです。