日経225先物取引ガイド日経平均先物取引講座日経225先物取引のメリット>指数取引なので個別企業のリスクが低い

このエントリーをはてなブックマークに追加

指数取引なので個別企業のリスクが低い

個別株取引と比較して日経225先物取引の場合、ここの企業の業績などに影響を受けにくいです。また、日本を代表する225銘柄ということもあって、適度に業種・産業が分散されています。個別株のような派手な値動きはないかもしれませんが、指数取引という安定さを求めることができます。

日経平均株価の取引だから値動きは控えめ

日経225先物取引は「日経平均株価」を取引する投資商品です。日経平均株価は日本を代表する東証一部上場企業225社の平均株価です。そのため、株価的にはかなり安定しています。

個別企業の場合は、たとえ大手企業でも企業決算などの状況によっては大きく値を下げてしまうリスクがあります。しかしながら、平均株価である日経平均株価ならそうした企業も、逆に好調な企業も含めての平均となるので、値動きは小さくなります。

ただし、大きな経済的な混乱が起きた時などは指数(株価平均)であってもかなり大きく値が動くこともあります。場合には10%以上の大幅な株価指数の値動きがあることもあるということは理解しておいてください。

日経225先物取引にお勧めの証券会社

1位:ライブスター証券

ライブスター証券は現在取引手数料が無料になるキャンペーンを実施しています。先物講座開設で、日経225先物、mini、オプション取引手数料が約2カ月(40営業日)無料。
キャンペーン終了後の手数料も安く、ラージは270円/枚、miniは37.8円/枚(片道・税込)また、PC、スマートフォン対応の取引ツールも無料で使えます。
>>ライブスター証券詳細情報

Category & Menu

日経225先物取引ガイドでは、日経平均株価に投資ができる日経225先物取引や、よりお手軽な日経225先物miniなどについての初心者向けガイドサイトです。