日経225先物取引ガイド先物取引の基礎>先物取引はどのように利用されるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

先物取引はどのように利用されるのか?

具体的に先物取引という金融取引はどのような場面で利用されるのでしょうか?大きく先物取引は「ヘッジ目的(リスクヘッジ目的)」と「投機・投資目的」という二つの目的で行われることが多いです。ここでは、それぞれの具体的な利用方法を挙げながら「先物取引」が実際の経済でどのように使われているのかを解説します。

先物取引が実際の経済でどう活用されているのか?

ここでは、具体的に先物取引という取引が実体経済でどのように利用、活用されているのかをわかりやすく解説していきます。大きく「リスクヘッジ(リスク回避)」を目的とする先物取引と「投資・投機手段」として利用される先物取引とに分類されます。

 

ヘッジ目的(リスクヘッジ目的)の先物取引

取引のボリュームとしては小さいですが、本来の先物取引の活用は売買による「利益」を目的としたものではなく、将来の不確実性(リスク)に対するリスクヘッジ(リスク回避)を目的としたものです。ここでは、それが具体的にどのような形で行われているのかを解説します。

 

投資目的・投機目的の先物取引

取引のボリュームとして圧倒的に多いのは先物取引を「投資」「投機」目的として活用するというものです。普通の株式売買と同じように価格の変動に基づいて利益(利ざや)を得るという投資です。先物取引の場合株の信用取引よりも高いレバレッジが使えるなどのメリットがあります。

日経225先物取引にお勧めの証券会社

1位:ライブスター証券

ライブスター証券は現在取引手数料が無料になるキャンペーンを実施しています。先物講座開設で、日経225先物、mini、オプション取引手数料が約2カ月(40営業日)無料。
キャンペーン終了後の手数料も安く、ラージは270円/枚、miniは37.8円/枚(片道・税込)また、PC、スマートフォン対応の取引ツールも無料で使えます。
>>ライブスター証券詳細情報

Category & Menu

日経225先物取引ガイドでは、日経平均株価に投資ができる日経225先物取引や、よりお手軽な日経225先物miniなどについての初心者向けガイドサイトです。