日経225先物取引ガイド日経平均オプション取引講座>コールオプション(Call Option)とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

コールオプション(Call Option)とは

コールオプションとは、買う権利を意味します。買う権利というのは、一定の期日(SQ)において指定された価格(権利行使価格)で原資産(日経平均株価)などを買うことができる権利です。コールオプションの買い手は権利行使価格よりも日経平均株価が高い場合、権利行使することでSQ価格(清算価格)と行使価格との差額を得ることができます。

コール・オプションって何?

コールオプションとは、あるもの(原資産)を買う権利のことを指します。
日経225オプション取引の場合、原資産は「日経225(日経平均株価)」となり、この株価を買う権利を意味します。なお、単純に「コール」と読んだり、アルファベットで「C」と書く場合もあります。

権利行使価格:9000円
プレミアム:100円
期日(決済日):12月14日

たとえば、上記のようなコールオプションがあるとします。
このときの、9000円という金額のことを「権利行使価格(行使価格)」と呼びます。
プレミアムというのは、このコールオプションの価格(値段)のことを指し、オプションの買い手は100円というプレミアムを支払うことでこの権利を買うことができます。
最後の期日というのが、このコールオプションが有効となる日となります。

つまり、上記のコールオプションは「12月14日に9000円で日経平均株価を買うことができる権利」ということになります。

なお、期日(決済日)については、期間中ならいつでも権利行使ができる「アメリカンタイプ」、期日にしか決済できない「ヨーロピアンタイプ」があります。
日経225オプション取引はヨーロピアンタイプなので、以後もヨーロピアンタイプとして解説を続けます。

 

決済日に日経平均株価が9000円以上だった場合

決済日(SQ)である12月14日において日経平均株価が9000円以上だった場合。オプションの買い手は9000円で権利行使が可能なコールオプションは権利行使をすることで利益を得ることができます。
ただし、このコールオプションを買うために、100円のプレミアム(オプション料)を支払っているので、正確には9100円以上で利益を得ることが出います。

逆に、コールオプションの売り手は9000円以上の場合は権利行使されることにより、現在の株価との差額を支払う必要があります。ただし、事前に100円のプレミアム(オプション料)を受け取っているので、正確には9100円以上になった場合に損失が発生することになります。

なお、逆に、日経平均株価が9000円より低かった場合、オプションの買い手は権利行使をせずに放棄します。ですから、コールオプションを買った投資家はオプションの代金である100円(プレミアム)を放棄することになります。ただし、それ以上の損をすることはありません。
対して、コールオプションの売り手は受け取ったプレミアムである100円がまるまる儲けとなります。

上記がコールオプションの買い手と売り手の損益をグラフ化したものです。買い手、売り手ともに損益分岐点は日経平均株価が9100円の時になります。

日経225先物取引にお勧めの証券会社

1位:ライブスター証券

ライブスター証券は現在取引手数料が無料になるキャンペーンを実施しています。先物講座開設で、日経225先物、mini、オプション取引手数料が約2カ月(40営業日)無料。
キャンペーン終了後の手数料も安く、ラージは270円/枚、miniは37.8円/枚(片道・税込)また、PC、スマートフォン対応の取引ツールも無料で使えます。
>>ライブスター証券詳細情報

Category & Menu

日経225先物取引ガイドでは、日経平均株価に投資ができる日経225先物取引や、よりお手軽な日経225先物miniなどについての初心者向けガイドサイトです。